アルコール依存症の治療について   
       
  入院治療の成果を上げる為に重要なことは   
    アルコール専門病棟が完備していること。   
    アルコール専門医と研修を受けたパラメディカル・スタッフが連携して治療を行うこと。 
    アルコール・リハビリテーション・プログラムにより治療が実行されること。   
    身体合併症を治療する内科医が常勤していること     
       
    あきやま病院は、この体制が整っている県下で数少ない病院です  
       
     診察を終えて入院が決まると病棟に入り入院オリエンテーションを実施します。  
       
  第一治療期    
    点滴注射を施行して体内のアルコールを体外に排出させる脱アルコール療法を行います。  
    この時禁断症状のため手指振戦、発汗、情緒不安定などの症状が認められます。  
    重症の場合、幻覚症状やけいれん発作が出現する時があります。  
    また肝臓疾患などの身体合併症の治療を内科医が行います。  
       
  第二治療期   
    色々な学習により自分の病気を理解し確認します。また、作業療法などにより心身を鍛えていきます。  
    1)アルコール勉強会(医師、薬剤師、管理栄養士による講話)  
    2)夜間ミーティング(退院して断酒中の方が多数参加しています)  
    3)だるま会(入院中の単身の方を中心に行います)   
    4)女性ミーティング(チューリップの会)   
    5)作業、運動、レクレーション療法等  
    6)家族教室  
       
  第三治療期  
    入院治療の集大成で退院に向けた生活を過ごします。  
    外泊ができる方は是非外泊をして退院後の自宅での生活を試してみてください。  
    退院後は、交通に便利な診療所もあり継続的なアルコール治療が可能です。   
       
    このように、入院期間は三ヶ月(原則)で計画されています。  
       
       
  女性アルコール依存症    
    女性のアルコール依存症が増加して来ています。  
    当院には、アルコール女性専門病室があり、女性独自のプログラム「チューリップ」も実施しています。 
inserted by FC2 system