作業療法課  
     
  精神科作業療法とは
    精神障害の作業療法は、精神疾患により生活に障害をもった方々にたいし、個別あるいは他の人たちとの関わ
    りや、具体的・現実的な作業活動(遊び、創作的なものからの日常生活に関するものまで)を利用し、精神機能 
    の向上、対人関係能力の改善、作業能力の改善を図り、その人にとって、よりより生活が送れるように指導や
    援助を行ないます。
     
  精神科作業療法の流れ
    @症状安定に向けての援助
    活動を通じて気分転換、欲求充足を行ない、情動の不安定さや思考、行動のまとまりのなさを調整するとともに 
    健康な機能を促進します。 
    A対人関係の改善
    患者さんの心の葛藤を理解し、治療者との関係をもとに、他者とより良く交流していけるような体験の場を作ります。
    B基本的な日常生活への援助
    病気の為に不規則になった生活の修正を図り、必要な生活技術の獲得を目指します。 
    C社会生活へ援助 
    主体的な生活を目指し、より良い社会生活が営めるよう援助を行ないます。 
     
  活動施設の紹介  
 
       
作業療法室  多目的広場  グラウンド  畑 
明るくて開放的な空間です  軽スポーツ・日光浴などで
使用します 
広々としたグラウンドで
様々なスポーツを行ないます 
季節の野菜の栽培・収穫をします 
     
  作業療法の活動種目
   
     
     
   
創作活動 切り絵、塗り絵、折り紙、皮細工、ポンポンクラフトなど 
スポーツ活動  ゲートボール・グランドゴルフ・ソフトバレー・風船バレー・卓球・散歩など
レクリエーション活動  カラオケ・ゲームなど
その他活動  外出活動・調理活動・個人の応じた個別活動
     
     戻る
inserted by FC2 system